男の人

データのトラブルが起きたらデータレスキューを依頼しよう

メールの利便性の今後

電子メール

近年、ウェブメールを導入する企業が増えてきています。外部でもメール確認ができ、使いやすい仕様に変更できる点が人気の理由でしょう。今後はモバイル端末を意識したサービスが増えてくることが予測されます。様々なデバイスでの使いやすさとセキュリティが強化されたものが増えるのではないでしょうか。

More...

セキュリティが課題

ネット

データ送信はオンラインでのやり取りが盛んになっている今日、利用する企業が増えています。今後もより強固なセキュリティーシステムが求められることになります。また、内容や大きさによってどの方法を利用して送信するのか考えるのが大切です。

More...

大切なデータを復旧します

パソコンを触る男性

専門店に依頼しましょう

昨今のビジネスの現場においてパソコンの使用はもはや日常となりました。企業内で使用しているパソコンには会社の重要機密をはじめ顧客情報などパソコンのハードディスクには重要なデータが数多く保存されているため、その取扱いの重要性はますます増しています。企業でパソコンを扱っている方や管理を任されている方は、パソコン内のデータのバックアップなどには当然ながら気を使っている事でしょう。しかしそれでも落雷や地震などによるトラブルは避けがたいのが実情です。災害などによってパソコンが使用不能となった場合にもっとも気になる点が、パソコン内に保存されている重要データの存在です。落下による物理障害や雷サージによる理論障害などが生じた際には、パソコンからデータの読み出しができなくなる場合があります。もしもそのような事態が生じた場合には、あわてずに専門店に相談するようにしましょう。

トラブルでも安心です

パソコン内に保存しているデータの読み出しができなくなった際は、あわてずに電源を切ることを最優先にしましょう。パソコンからデータが読み出せなくなった際に最もやってはならないのが、度重なる電源の入力や自身での設定変更です。パソコンに物理障害や理論障害が生じている場合、何度も電源を入力したり設定を変更すると保存されているデータの読み出しができなくなってしまう恐れがあります。その様な状況を避けるためにもパソコンからデータの読み出しができなくなった際は、専門店にデータレスキューを依頼するようにしましょう。専門店ではデータレスキューに際して物理障害や理論障害の原因の特定を行い、最も最適な方法でハードディスク内のデータレスキューを行います。データレスキューの際には内部に保存されているデータをスタッフが閲覧してしまう場合もありますが、専門店では作業の前に守秘義務に関する契約も行っているので安心してデータの復旧を依頼することができます。企業内でパソコンを使用している方や管理を任されている方は、いざという時に備えて専門店に関する情報の収集を行っておきましょう。

残しておきたいなら

ファイル

撮り貯めておいた映像をDVDにダビングするというサービスがあります。過去の映像を安全な形で残すことができるほか収納スペースが増え、部屋の整理にもつながります。このサービスは企業間でも重宝されています。

More...