男女

データのトラブルが起きたらデータレスキューを依頼しよう

残しておきたいなら

ファイル

テレビ番組や個人で撮影した映像などをビデオテープに撮り貯めているといった方は多くいると思われます。しかし現在の主流としては、DVDプレーヤーやブルーディスクプレーヤーなどに移行しているという流れがあります。またビデオテープは長年保存しておくと、映像の劣化、テープの破損やカビが生えてしまうことにもなりかねないとされているのです。せっかくの貴重な映像がそんなことで無駄になってしまうのは、非常に残念ではないでしょうか。そこでお勧めしたいのがDVDへとダビングしてもらうサービスの利用です。DVDへのダビングによって、映像の劣化を防ぐことはもちろん、ディスクになることから収納スペース確保にも役立つことになります。

DVDのダビングを請け負ってくれるサービスは、DVDプレーヤーが販売され始めたころからみられるようです。しかしまだまだ一般的な認知度は低いのが現状だと言えるでしょう。それはビデオとDVD一体型レコーダーを用いることで、賄える部分があるからだと考えられます。それでもプロにダビングを依頼することで、さまざまな便利機能や加工が施せるようになるようです。例えば、タイトル画面にチャプターなどのメニューを貼りつけること、余計な部分をカットすることができる編集といったものがあります。その他にもナレーションを入れたり、CG加工したりすることよって個性的な映像にも仕上げてくれるのです。料金的にはそれなりになりますが、個人のみならず、仕事などの資料映像として用いる場合には重宝するでしょう。また企業の古い資料を復元したい際にも、このサービスは便利です。